HOME > サンキャッチャーについて > サンキャッチャーの開運効果

前のページに戻る

サンキャッチャーの開運効果

幸運を呼ぶインテリアと呼ばれるのはなぜ?

サンキャッチャーは「幸運を呼ぶインテリア」とよく呼ばれます。その最も大きな理由は、まさにサンキャッチャーが生み出す虹の光と言えます。

私たちは日常生活の中で、非常にストレスの多い生活を送っています。

実際にストレスを感じている気がしないという方もいらっしゃるでしょうが、多い少ないの差こそあれ、無意識レベルでたくさんのストレスをため込む要因が私達の生活にはあふれています。

ストレスというのは、現実的に体や心を痛めつけるマイナスエネルギーです。

例えば、仕事、人間関係、お金の問題、健康上の問題等の大きなストレスはもちろんのこと、テレビから流れてくる不安をあおる表現、暴力的な表現、物事がうまくいかない事から生じる悪循環の感情、人と自分を比べる事で生まれるコンプレックス等……挙げていけばキリが無いほどです。これらは、少しずつ心の中に層を形成していくようにネガティブなエネルギーとして心身に溜まっていきます。

そしてストレスは、深刻な問題をもたらします。

一般的に広く知られている事としては、ストレスは多くの病気の原因となるという事です。

上で挙げたストレスの全てが病気につながるという事ではないのかもしれません。ですが、だからと言って、放置しておくと、ストレスは運命、人生の病気とも言える状態を作り出す原因となり得るものなのです。

サンキャッチャーはそのネガティブなストレスエネルギーの積み重ねと逆の反応を心身にもたらすアイテムなのです。


虹というものは不思議な力があります

雨上がりの虹を見たときに、大抵の人はきっと幸せな気持ちになると思います。
「今日は何か良いことがありそう」とか、そんな気分になるのではないでしょうか?

虹は人にとって特別な存在で、遺伝子レベルで「幸運をイメージさせる物」として記憶されているのでは?と言っても良いくらいに素晴らしいエネルギーを持っています。

でも、本物の虹はそう簡単に毎日見れるものではありません。
でも、もし毎日身近で虹の光の美しさを感じることができればどうでしょうか。

虹の光を見ている時、きっと人はネガティブな事を考える事すらも難しくなると思います。虹というのはそういうエネルギーを持つのです。

サンキャッチャーによって、虹が身近に感じられる生活をすることによって、ストレスとは逆の良いエネルギーが心身に少しずつ貯まっていきます。幸運を貯金していると思っていただければ近いのではないかと思います。

このようなプラスのエネルギーの蓄積が、ネガティブなエネルギーを浄化しながら、ある程度の臨界点に達した時に思いもよらない幸運な出来事が起こったり、根本的に幸運体質に変化したりするのです。

サンキャッチャーは人だけではなく、その場所、環境にも良いエネルギーをもたらします。自分だけではなく、身を置く環境を綺麗にすると言うことも開運には非常に重要なのです。

環境と運勢との密接な関係

僕(株式会社 星の種社長こと豊原匠志)が20代前半の頃の話です。一人暮らしをしていた時のことです。

その時期は運気的にも悪い時期だったらしいのですが、住み始めたアパートが非常に日当たりの悪い谷底のような地形の一番奥まった一階の部屋でした。

住み始めてしばらくした時期に、自分でも本当に考えられないような悪い出来事が重なり続け、ついには左足を大けがして歩けない状態になってしまいました。

何かが上手く行きかけても全ての良い話がことごとくだめになっていったのです。

これはさすがに何かおかしいと思い、当時知り合いのつてを辿って
とても当たると言われていた占い師(霊視ができる人)に見てもらいました。

その時に

「今、部屋がかなり散らかっているでしょう。

日当たりも悪くて、近くに大きな高圧電線があるね。
これは引っ越しをした方が良いけど、
今の状態のまま引っ越すと結局同じような所を探しちゃうから、
まず片付けをして、服とかも必要な物は全部一端クリーニングして浄化する。
いらない物はできるだけ処分する。

一度身につける物を綺麗にして探さないと
悪い気が自分や自分の服などにもついているからね。」

という風に言われました。そこで実際にその通りにしてみたところ、
非常に住みやすい街に良い物件が見つかり、(その時点の状況を好転させる為に一時的には色々と大変な事もありましたが)その後、非常に良い方向へ向かいました。

こんな体験により、環境と運勢とは非常に密接な関係があるのだと体感できました。この時はサンキャッチャーという存在すら知らなかったのですが、サンキャッチャーの光は空間や物品のエネルギーを実際に浄化してくれます。もちろん部屋が散らかっているというのは良くないので、実際の掃除は必要ですが。

サンキャッチャーで環境を意図的に変える

サンキャッチャーを活用すると、空間のエネルギーは良い状態にチューニングされるのです。本当に吊しておくだけで、かなり空間のエネルギーを綺麗にしてくれるのです。これは、光を取り込む量とある程度比例してくるので、たくさん吊した方が効果は高いと思います。日の当たりづらいところではなおさら意識して多めに吊しても良いと思います。

玄関にサンキャッチャーをライトアップして吊すのもオススメです。そしてこれは風水的にとても重要なポイントなのですが、玄関というのは、人が出入りする場所であって、言わばエネルギーの通り道でもあるからです。

光はエネルギーの代表的なものなので、キラキラと光る物が玄関にあるということは、エネルギー的に非常に良い状態で満たされているということになります。リビングなどで日当たりが悪く、太陽光が全く入らない場合もきちんとライトアップしてあげれば、全く効果が無いと言うことはありません。

太陽光が当たらないからこそサンキャッチャー

太陽光は人工の光に比べて非常に幅の広い波動を持ちます。

そのため、工の光と比べると圧倒的に良いエネルギーが強いのですが、サンキャッチャーは元々日照時間の短い北欧などの地域で、少しでも太陽の光を効果的に取り込むために利用されていたともされるものです。逆に言うと太陽光が当たりづらい場所だからこそ、意識的にサンキャッチャーを開運インテリアとして活用していただきたいとも思うのです。

ちょっとした光の当て方で人工の光でも虹がかなり生まれる事もあります。

同様の考え方で、サンキャッチャーは夏のアイテムだと思われる方が多いのですが、日照時間が短く、太陽の暖かさを感じにくい冬の季節にこそ本当はサンキャッチャーをオススメしたいのです。

冬の寒い時期に部屋に虹のカケラがいっぱいに広がる様を想像してください。
体は寒くても心はなんだかハッピーな気がしませんか?

キラキラした輝きは心をハッピーにします

天気が良いと気分が良くて、曇り空や雨だと何となく憂鬱になる人も多い(中には雨が大好きという人もいますが)多くの方が晴れた空が好きだと思います。

人の心は曇っている状態のものよりも光っているものが好きだということがインプットされているのかもしれません。

そして魅力的な人というのは、内面も輝いています。容姿等の違いではなく、その人がいることで周りが明るくなるとか、周りの人の運が良くなるということがあるのです。

そういう人たちに共通することは、小さな事にでも感動できる、身の回りの小さな出来事に気づける感性があるという事です。

心が曇っていたり、余裕がなかったりすると小さな喜びや輝きも見えづらくなります。だからこそ、自分自身が身を置く空間にサンキャッチャーを吊してほしいのです。

もちろんこれだけで全てが良くなるという事はありませんが、サンキャッチャーを置くことで、確実に自分の運の流れを善循環に変化させるための大きな助けとなってくれる事は確かです。